タペストリーは宣伝に最適

費用対効果がよく宣伝効果が抜群のタペストリー

お店の宣伝やインテリアにタペストリーを利用する場合があります。宣伝効果が高く、収納性のいいタペストリーは多くのメリットを持っていることが特徴です。タペストリーについてご説明しますので参考にしてみてください。

タペストリーとは?

タペストリーとは、壁掛けに使われる織物の一種で、新商品の宣伝やキャンペーンなどで使用することが多いです。また、写真や文字などを印刷して部屋のインテリアとしても使われます。宣伝をしながら目隠しなどの用途も含み、多くの効果をもたらしてくれるものです。布に書いている文字や写真は人の視線を惹きつける特徴があり、さらに風に揺られることで消費者に見てもらうことができます。そのような特徴を生かし、タペストリーでは宣伝などに使われることが多いのです。タペストリーはバリエーションが多く、天井から下げるような大きいものから、机上における小さなものまで作ることができます。好きな形や大きさ、素材を選ぶことができるので、ニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

タペストリーのメリット

タペストリーのメリットは、丈夫なこと、収納性がいいこと、費用対効果が抜群、形や大きさのバリエーションがあることです。ポスターなどに比べ丈夫なので、長い期間で使用することができます。値段も比較的安く小さなものでは5000円程度です。値段は、加工する内容や大きさなどで変わっていきますが、防水や防炎の加工もできます。また、使わない時期には丸めて収納できるので、立て看板などよりは収納性がいいことも特徴です。形やバリエーションも多くオーダーメイドで作成できるので、希望のものが作ることができます。文字が大きくデザイン性がいいタペストリーを使用することで消費者の視線を獲得し、飾っているだけで宣伝をすることができるので、費用対効果が高いと言えるのです。

タペストリーを作成するには?

タペストリーを作成するには、インターネットなどからも注文が可能です。オーダーメイドで作ることができるので、デザインデータを用意しておくといいでしょう。まずは、扱っている会社を選びますが、注文枚数が1枚からでも可能、デザインを何回も推敲できる、定形外のサイズも対応などのそれぞれできることを確認してからが安心です。生地やパーツ、サイズなどを決めていきますが、素材には高強度のターポリン、和風の天竺木綿など種類が豊富なので、イメージを決めてから選びことも重要になります。デザインのイメージが送られてくるので、確認をして納得のいくものになるまで相談をしましょう。デザインは自分で全て決めても構わないですし、業者に任せることもできます。