タペストリーのメリット

タペストリーの活用術

タペストリーとは、壁やガラス窓に吊り下げられている壁掛けのこと。インテリアや広告として使われているのが一般的です。
紙でできているポスターと違い、合成繊維でできています。オリジナルのものを作る人も増えています。

インテリアとしてのタペストリー

タペストリーは、そもそも室内装飾用の織物として誕生しました。昔は模様を織り込む必要があったため非常に高価なものが少なくありませんでしたが、最近は織物に印刷する技術が向上したため、手軽な値段で楽しむことができるようになっています。
タペストリーは部屋の印象を大きく変えることができるインテリアグッズです。壁紙を変えるのは大変ですし、そう頻繁にできることでもありません。しかしタペストリーを飾るだけなら手軽ですし、気分に合わせてコロコロ変えることもできます。
大きなタペストリーもいいですが、小さいものを組み合わせても可愛らしいインテリアになります。
壁が空いていないときは、空間に吊り下げることもできます。部屋のテイストを変えるだけでなく、空間を仕切るのにも使えるのです。

広告物としてのタペストリー

タペストリーは、お店の看板としても活躍しています。現在は町のあちらこちらでタペストリーを活用しているお店を見つけることができます。
最近では印刷技術の向上により、精巧なものを作ることが可能になっています。フルカラーのタペストリーを安価で作ることもできるようになったため、活用されることが増えてきたのです。
いろいろなサイズや商品が存在し、目的に合わせて使い分けることが可能です。例えば面積の広いバックボードタイプは、記者会見やインタビュー、展示会などに向いています。畳む必要がないロールアップタイプは、収納が簡単でシワにならず持ち運びも便利です。
印刷方法を工夫することもできます。例えば両面印刷を行うと、お店の中と外に対して1枚で宣伝ができます。

ポスターにはないメリット

現代のタペストリーは、どんな文字や絵柄でも印刷できるようになっています。それだけデザインや内容の自由度が上っており、広告だけではなく、最近では同人グッズなどにもなっています。
タペストリーは布でできているので、ポスターと違い破れにくいという特徴があります。水にも強く筒状にしてもクセがつかないので、ポスターよりも長持ちしやすいのも大きな利点です。
最近ではオリジナルタペストリーを作ってくれる業者も多くあります。素材や大きさも自由に選ぶことができるので、用途や目的に合わせたものが簡単に製作可能です。自分で描いた絵をタペストリーにすることもできます。
インテリアとして、広告として、グッズとして。是非自分なりの楽しみ方を見つけてください。